energis2.jpg

見える化を支援します。インスター・イッツ・ジャパンにご相談ください header_logo.GIF

海外から長期に渡り固定価格でバイオマス原料を供給できます。

気楽にグローバル・シーにお問い合わせください。

最近の記事

2018年08月10日

補助金

太陽光発電の補助金
→ http://mail.kankyo-business.jp/?4_--_189909_--_29941_--_4
LEDの補助金
→ http://mail.kankyo-business.jp/?4_--_189909_--_29941_--_5
エネファームの補助金
→ http://mail.kankyo-business.jp/?4_--_189909_--_29941_--_6
エコキュートの補助金
→ http://mail.kankyo-business.jp/?4_--_189909_--_29941_--_7
省エネの補助金
→ http://mail.kankyo-business.jp/?4_--_189909_--_29941_--_8
法人公共団体向け:産業用 太陽光発電の補助金
→ http://mail.kankyo-business.jp/?4_--_189909_--_29941_--_9
蓄電池の補助金
→ http://mail.kankyo-business.jp/?4_--_189909_--_29941_--_10
エネルギーマネジメントシステム(HEMSなど)の補助金
→ http://mail.kankyo-business.jp/?4_--_189909_--_29941_--_11

posted by Mark at 09:45| Comment(0) | 助成金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月23日

JFEエンジニアリング、太陽光発電所など複数プラントの統合監視センターを開設


GRCの特徴としては、各プラントに熟練オペレーターとAIによる遠隔監視・操業支援が行われ、AI・ビッグデータを活用した予兆診断による運転障害の防止、操業支援による正常化対応などが提供される。

他にも、JFEエンジニアリング100%子会社のアーバンエナジーと連携して提供される、各プラントでの発電計画や実績のオンライン化、タイムリーな需給調整なども提供され、GRC分室をJFEテクノマニラに置いて、海外プラントの障害復旧サポートなども提供していくとのことだ。

JFEエンジニアリングでは今後、GRCによる支援対象プラントを順次拡大していくことを予定している。

JFEエンジニアリング プレスリリース
http://www.jfe-eng.co.jp/2018/20180316081233.html


posted by Mark at 22:04| Comment(0) | 見える化 事例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月20日

JFEエンジ、遠隔監視新拠点が稼働/再エネ施設も対象に


JFEエンジニアリングは16日、国内外の様々なプラントを統合的に遠隔監視する「グローバルリモートセンター(GRC)」の運用を開始した。従来の廃棄物処理プラントに加え、太陽光やバイオマスなどの発電プラントも監視対象とする。多様な電源を統合監視することで、運転状況に応じた発電量の最適化も迅速に行える。今後は監視対象設備を順次拡大するとともに、人工知能(AI)やビッグデータを活用した運転支援を展開する方針だ。
 GRCはJFEエンジの横浜本社内に開設した。同社は2014年から前身の「リモートサービスセンター」で廃棄物発電プラントの運転監視・操業支援を行ってきたが、この機能を強化。これまで個別に行っていた太陽光やバイオマス、水処理プラントなどの遠隔監視サービスも集約した。


>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください 

 

posted by Mark at 10:41| Comment(0) | 工場 見える化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする